So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

月のアタマから.. [ぼやき]

だから、なんで、「0ポイント」なのよ~~
12/1からハズレると寂しい。

...あ、ポイントポンの話です。


【休み中】でも、ポイントポンは忘れない。

朝起きたら、動けないほど身体がだるい。
  ↓
体温計をはかる。
  ↓
さ、39度。

(平熱が35.5〜8度の私が?)

------
今日は家にいなよ?テレビでも見てたら?
と、同じく本日会社を休んでいる妹。

あんたが、もってきた風邪でしょ? (プチ)
あんたが、いつもチャンネル権にぎっているテレビでしょ?(プチプチ)
いまさらなんだ〜〜〜テレビなんて誰がみるかぁ。(プチン)

あんたと違って、お姉さんは、「時給制」なのよぉ
(。_ _)。=3  ...パタリ


【マニア限定】ガチャピンを愛する者のみ閲覧可能

ボクのアンテナにピンときたら、
どんなスポーツにだってチャレンジしてるよ。

...そう語るのは、南の島生まれの恐竜の子供、
「ガチャピン(永遠の5歳)」

その前向きで明るい?キャラは、老若男女問わず人気。

つい先日まで、彼の今まで挑戦してきたスポーツを
再現した、「ガチャピンチャレンジ」(フィギュア)が
第4弾まで発売されていた。

が、

今回とある店にいってみると...
「Best Selection」なるものが新たにでていた!

今までのシリーズ中で、もっとも人気だったスポーツのみを
セレクトしたもの。彩色も新たに変更されている。
マニアが思わずゲットしたくなるシリーズだ。

     *       *       *

なぜ、今、一部の人にガチャピンが受けるのか?

それは、

ゆる~く、無気力に生きる現代人が持っていないものを
彼が持っているからではないだろうか?

「熱いチャレンジ精神」をなんの躊躇いもなく、
まっすぐにブツけていく心意気。

この心意気に、一部の人は知らず知らずのうちに
尊敬と憧れを持つようになる。。。そして、
目をはなせなくなる。。

     *       *       *

書いていてなんだか
ワケが分からなくなってきたけど、
とにかく彼は、素敵だ。頑張屋さんだ。魅力的だ。

と、いうわけで、一緒に写真をパチリ☆


ピヨピヨスロット、解禁。 [ぼやき]

ピヨピヨスロット(So-net Pointpon)が
ようやく一般会員でも遊べるようになった☆

やたやた。
以前は、気になってトップのバナーをクリックしても~
↓こんな悲しい表示。

でもでも。
↓今は、かわいいピヨピヨとスロットで遊べる!

やってやるぞ。 遊んでやるぞ~
ピヨピヨ。


デカイのは図体だけじゃない(怒 [ぼやき]

このごろ、通勤前に品川駅でお茶をしている。
小さなスペースだけど、満員電車でもまれた後は
天国のように思える。

* * *

今朝は、先日買った文庫本を読んでいた。

背の高いイスと丸テーブルが4つ並ぶ席で、
いつものように、20分だけリフレッシュタイム。
めずらしく、低いテーブル席と外のテラス席は満席。

ふと本から目をあげると、外人ビジネスマンと目が合った。

彼は、コーヒーとクロワッサンを載せたトレーを持って
キョロキョロしていた。
しかし、席はいっぱい。身体の大きな彼の座れる席は
空きそうにない。

急いでいたみたいなので、自分の向かいのイスを
彼の方におして、合席をうながしてみた。

彼は、軽く目礼して、私の直径40cmほどの
小さな丸テーブルに自分のトレーを置いた。
...と、思ったら。

横から、また別のトレーが。
そして反対側からも、別のトレー。
どうやら、この外人ビジネスマン。1人ではなく
3人組だったらしい。。

当然、イスが足りないのだが、そんなことは
気にもせず、丸テーブルの周りに輪になって
コーヒーをすすりだした。

「ここにはカフェクレームがあるよ。」
「名前だけフランス語にしたって、所詮日本のコーヒーだね」
「ああ、このクロワッサンもね。だいたい日本ってさ~...」

と、私が会話を理解できないと思ってか
いいたい放題、日本の批評批判。

「だいたいだな、日本のビジネスマンの笑顔がよくわからない」
「そうそう!怒っていても、悲しくても笑う。不気味だよね?」
「ああ、でも、頭をさげて、挨拶されるのには大分なれたよ」

...なんたらかんたら、途中から
カルチャーショックの自慢大会に。

そして、さっさと朝食?を済ませると、
丸テーブルに、クロワッサンのパンずくだけを残して
挨拶もなしに去っていった。

もう、困っている人を合席に招くのはやめよう。
特に、外人は。
特に、アメリカ人は。


だれかのことを強く思ってみたかった [ぼやき]

たまには、本を読んでみる。

-----------------------------------------
だれかのことを強く思ってみたかった
角田光代/佐内正史

照れるが胸がきゅんとなった。──松浦弥太郎(COW BOOKS)
ふたりで歩いた、東京の朝、東京の夜─。

レインボー・ブリッジを背にした制服の男女。頼まれて、シャッターを押しながら、思う。〈この世界はどのくらいの強度でなりたっているんだろう? 私たちはどのくらいの強度でそこに立っているんだろう?〉(『ファインダー』)。水族館、住宅街、東京タワー、駅のホーム……。一年間にわたり、角田光代と写真家・佐内正史がふたりで巡り、それぞれが切りとった、東京という街の「記憶」。

-----------------------------------------
ただ、写真がスキなだけだったりする。


決して、根に持っているわけではない。 [ぼやき]

決して、根に持っているわけではない。

しかし、毎回、こうして冬の足音を聞くだびに
なんとも言えない、憤りをおぼえる。

その憤りの原因とは、「焼きみかん」

子供のころ、石油ストーブの上で、みかんを焼いていた。
我が家では、正月の風物詩。

甘みが増して、人肌にあたたまったみかんが、なんとも
おいしい。

...しかし、まわりの人間に聞いてみると、
「冷凍みかん」は知っていても、「焼きみかん」は知らない。

人間、自分が知らないことを、相手が知っていると、
ムカつくのでしょう。言いたい放題バカにされました。

「焼きみかん」なんて、あるわけないじゃんっ バ~カって。
(いやいや、小学生って本当にムカつく)

と こ ろ が!

「焼きみかん」の存在を証明する、納得のいくサイトを発見。

http://members.at.infoseek.co.jp/rimssecret/orange2.htm

もう、感動! トラウマがスゥ~っと溶けて流れた感じ。
ありがとう、このサイト作った人! てかこの道具ほしいっす


- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。